きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋

圧力鍋でご飯を炊いてきりたんぽを作りました。

きりたんぽ鍋自体を圧力鍋で作っているわけではないけど、せっかくなので掲載。

きりたんぽは冷凍できるので、あらかじめ適当なサイズに切って小分け冷凍しておくと、1人分のきりたんぽ鍋が簡単に作れます。

材料(4人分)

鶏もも肉 200g
 (骨付き肉でもOK)
ごぼう 1本
糸コンニャク 1袋
まいたけ 1パック
セリ 2束
きりたんぽ 4本
その他好きな野菜類(大根やにんじん、白菜など) 適量

A(鶏ひき肉 250g
  刻んだ長ネギ 1/3本分
  しいたけのみじん切り 2個分
  卵黄 1個分
  片栗粉 大3
  塩 小1/3
  しょうゆ 小1)
B(薄めのだし汁 1200ml
  しょうゆ 大4
  みりん 大4
  鶏ガラスープの素 少々)

作り方
  1. 鶏もも肉は一口大に切り、ごぼうはささがきにして水にさらす。
    糸コンニャクは食べやすい大きさに切って熱湯でゆで、アクを抜く。
    まいたけは小房に分け、セリは洗って4~5cm長さに、きりたんぽは斜めに切る。
    その他の野菜類は、鍋に入れられるように下ごしらえする。
  2. Aをボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
  3. 土鍋にBとごぼうを入れて煮立て、鶏もも肉を入れて10分加熱したら、2.を適当な大きさに丸めて加え、アクを取り除く。
    糸コンニャク、まいたけ、その他野菜類を煮えにくいものから順に入れ、最後にきりたんぽとセリを加える。
コメント

きりたんぽ鍋は秋田の郷土料理です。

このレシピは全部自己流で作っているので、正確なきりたんぽ鍋とはちょっと違うかもしれません

キリタンポ鍋に欠かせないのは「セリ」「ごぼう」「まいたけ」「比内地鶏」ですが、比内地鶏は少々お高めなので、普通の鶏肉を使っています。
もも肉の他に、骨付き肉を使ってもいい出汁が出ておススメ。

鶏はむを作る際にできたスープを使うと、絶品きりたんぽ鍋が作れます。
(だし汁の代わりに、鶏はむスープを水で薄めて作ります。)

まいたけを入れると、汁が黒くなって驚くけど気にしない!

きりたんぽは長時間煮込むのではなく、食べる分だけを入れながら食べるようにします。
きりたんぽが出汁を吸って、ご飯ともお餅とも違った食感です。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ