塩豚(1)アイリスオーヤマ電気圧力鍋

20220405_shibuta01.jpg
はじめに

アイリスオーヤマ電気圧力鍋(PC-MA3)を使ったレシピです。
ガス圧力鍋と似たところもあれば違うところも多く、レシピを色々試しているところです。
実験感覚なので材料も細かく記載していますが、あくまで参考程度にしてください。

今回のポイント

ガス圧力鍋でも時々作っていた塩豚に挑戦。
かたまり肉にどんな感じに火が通るかチェックしたかった。

材料と下ごしらえ(2~3人分)
豚バラかたまり肉 1枚 538g 塩をまんべんなくすりこんでキッチンペーパーを巻き、ラップでぴっちり包んでジップロックに入れ冷蔵庫で丸3日保存
水分が出てくるので、1日に数回キッチンペーパーを交換する
肉の重さの3%程度 16g 豚肉にすり込む
しょうが 4切れ 11g 薄切り
400ml 鍋に肉を入れてひたひたになるくらい
適宜調整

・重さは皮などを取り除いた可食部を記載


20220405_shibuta02.jpg

電気圧力鍋の設定
  1. 肉を軽く水洗いする。
  2. 材料を全部入れて、 「手動メニュー」「圧力調理」「20分」 でスイッチオン。
  3. 加圧時間は20分、トータルの調理時間は1時間5分です。
  4. 加圧前
    20220405_shibuta03.jpg
    加圧終了!
    20220405_shibuta04.jpg
  5. 食べやすい大きさに切って、そのまま食べてもよし、フライパンであぶってもよし、好きなようにどうぞ。
    長ネギでソースを作っても美味しい。
メモ

ゆでるときの水は鍋の大きさに合わせて加減します。
豚肉がひたひたになるくらいの水分でOK

塩加減がちょうどいい、普段作るのと同じような仕上がりでした。
薄めに切ってフライパンで焼き色を付け、ゆでたブロッコリーなどと合わせても美味しいです。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 20220502_spareribs_01.jpg
  • 20220518torikinoko01.jpg
  • 20220415_nikuj01.jpg
  • 20220405_shibuta01.jpg
  • 20220402_musui01.jpg
  • 20220331_tori01.jpg
  • 20220401_kakuni02_01.jpg
  • 20220331_kakuni011.jpg
  • hanamame01.jpg
  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ