黒豆(シャトルシェフVS圧力鍋)

シャトルシェフは豆料理も得意です。

シャトルシェフで黒豆

顔が写り込むぐらいツヤツヤに仕上がった黒豆

柔らかくて味もしっかりなじみ、皮にシワもよりません。
これは売り物になるレベル(自画自賛)。

シャトルシェフで黒豆

↑写真を拡大すると、ペンダントライトが写り込んでいるのが分かります。

圧力鍋で豆を煮ると、確かに仕上がるのは早いんです。
でも、圧力をかけてグツグツするせいで、皮が破れやすいのが難点でした。

あと、豆は膨らむから、蒸気口に詰まらないか少しひやひやします。

その点、シャトルシェフは豆を煮るのには理想的。
時間はかかるものの、ゆっくりじっくり火を通してくれるので、芯まで柔らかく仕上がりました。

また、おせち料理を作るときはコンロが足りなくなるので、火から下ろして調理するシャトルシェフは重宝しました。

豆料理に関しては、完全に圧力鍋からシャトルシェフに移行しそうです。

簡単に作り方などをメモ

材料(作りやすい分量)

黒豆 200g(新豆がおススメ)
A(水 1L
  しょうゆ 大1と1/2
  砂糖 100g
  塩 小1/2)

作り方
  1. 黒豆はざっと水洗いする。
  2. Aを調理鍋に入れて沸騰させ、50~60℃まで冷ます。
  3. 2.に黒豆を加えて5時間置く。(←この時点では保温鍋に入れない、常温に置く)
  4. 3.を火にかける。
    沸騰したら、アクを取りながら中火~弱火で5分煮る。
  5. 蓋をして、シャトルシェフの保温鍋に入れる。
    そのまま半日置き、豆が柔らかくなったら保温鍋から出して、室温まで冷ます。
  6. 豆を保存容器に煮汁ごと移し、冷蔵庫で保管する。
    1日~2日ほど経ってからが美味しい。
ポイント

黒豆の「照り」は砂糖のおかげなので、むやみに砂糖を減らさない方がいいです。
上記のレシピでもかなり少なめ......だと思います。

4.の段階で鉄くぎを入れると色が良くなるらしいですが、私は入れたことがありません。

黒豆を保存する容器はホーロー容器がおススメです。
(プラスチックだと色が移ることがあります)

全体が煮汁に漬かるように保存すれば、シワが寄りません。

参考レシピ

圧力鍋で黒豆





Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ