豚バラと大根の煮物(時短)

豚バラと大根の煮物

豚のバラ肉は、長時間煮込んだ方が柔らかくなります。
でも、暑い夏、長時間の煮込みはキツイ......台所は特に暑い!
味と時間を天秤にかけて、なるべく短時間で味良く仕上がるレシピを考えてみました。

材料 (3~4人分)

豚バラかたまり肉 500g
大根 1/3本
A(水 200ml
  しょうゆ 大4
  みりん 大2
  砂糖 大1)

作り方
  1. 豚肉を圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて10分加圧し、圧が抜けたらふたを開ける。
    水で洗ってアクを取り除き、食べやすい大きさに切る。
  2. 大根は皮をむいて1.5cm厚さの輪切り(または半月切り)にする。
    鍋(←圧力鍋ではない普通の鍋)に大根とかぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰後10分下ゆでする。
    (1.と同時進行でゆでておくと楽)
    豚肉の下ゆで加圧前
    豚バラと大根の煮物(下ゆで前)
    加圧終了!
    豚肉下ゆで後
  3. 圧力鍋に、豚肉、大根、Aを入れてざっと混ぜ、ふたをして10分加圧し、圧が抜けたらふたを開ける。

    加圧前
    豚バラと大根の煮物加圧前
    加圧終了!
    豚バラと大根の煮物加圧後
  4. 上下を軽く返し、落としぶたをして弱火で10分煮て器に盛る。

    (できれば一度室温まで冷ましてから煮た方が味の染み方がいいです。)

    豚バラと大根の煮物煮込み後

ポイント

大根の下ゆでと豚肉の下ゆでを同時に行い、時間を有効に使うようにしました。

豚の下ゆでの際に、しょうがのスライスを加えると臭みが取り除けますが、面倒だったので割愛。

大根から大量の水分が出てきます。(味の調整がしづらいです)
落とし蓋をして煮た後、味が薄いようなら調味料を少し足して、さらに数分煮てみましょう。

ただ、お酒のつまみにもなるように作っているので、このレシピで薄いことはないと思う(むしろ濃い)。

味付けは足すことはできても引くことはできないから、慣れないうちは最初に入れる調味料を少なくすると失敗がないです。

コメント

煮込み料理(特に肉類)は、「かかる時間」と「料理の出来栄え」を天秤にかけることが多くありませんか?

仕上がりが良くても時間がかかって面倒、短時間で済ませようと思うと仕上がりがイマイチ......みたいな。

両者のバランスをなるべく取ろうと、色々試行錯誤したのが上記レシピです。

下ゆで10分、加圧10分、煮込み10分と、火にかける時間が覚えやすいのも気に入っています。

時間に余裕がある場合は、3.の加圧を10分→20分として、室温に冷めてからふたを開けましょう。
さらに弱火で煮るかどうかは残っている水分量と相談します。

私はいつも下ゆで10分、加圧10分、煮込み10分の後、室温まで冷ましてから冷蔵庫で保管し、食べる直前に数分弱火で煮ています。

食べる直前の煮物がこちら。

豚バラと大根の煮物

煮物は冷める過程で味が染みるので、出来たてより作ってからしばらくたった方が美味しいです。

参考レシピ

豚の角煮(改訂版)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ