ローストビーフ(シンプル)

20110917beef.jpg


ニンニク・塩・コショウ・赤ワインだけを使ったローストビーフ。


野菜をたくさん使ってソースを作るローストビーフもいいけど、こちらの方が手軽なので作る頻度が高いです。

材料 (2人分)

牛もも固まり肉 400g~500g
A(ニンニクのすりおろし 1かけ分
  塩 適量
  コショウ 適量)
赤ワイン 100ml
サラダ油 大1

・塩はハーブが入ったものを使うと美味しいです
  (クレイジーソルトとか)
・ニンニクはガーリックパウダーでもOK
・コショウは粗引きの黒コショウがおススメ  
作り方
  1. 肉はあらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻し、Aをすりこんで10分おく。
  2. フライパンに油を熱し、強火で牛肉の全面をしっかり焼き付ける。
    赤ワインを加えて煮立たせ、肉とワインを圧力鍋に移す。
  3. 圧力鍋を火にかけて2分加圧して火を止め、圧が下がったらすぐにふたを開ける。
    (鍋の水分はそのままソースとして使うから捨てないでくださいね。)
  4. 粗熱が取れたらアルミホイルで包み、冷蔵庫で半日以上寝かせる。
  5. 肉を切り分けて器に盛り、残ったソースを添える。
コメント

タコ糸で形を整えることもせず、材料も最小限で作った一番シンプル(手抜き?)なローストビーフです。

タコ糸で形作らなくても意外と平気ですよね......?なるべく厚さが均一のお肉を買うようにしているのだけど。
シンプルすぎてこちらに載せるのは気が引けていたのですが、簡単に手早く作れるので参考になるかと思って載せてみました。

香味野菜を色々加えるより、このほうが私の好み
夫も同じようなことを言っていたので、我が家ではもっぱらこのシンプルなローストビーフです。
野菜を加えていない分、塩・コショウの量を若干多めにしています。

今回は焼いた後にアルミホイルで包んでから冷蔵庫で一晩寝かせました。
作った日のうちに食べるより、一晩寝かせた方が味がなじむ気がします。

肉を焼く前に塩コショウをすりこみますが、本当はハーブ類を一緒にすりこむといいんですよね。

でも、ハーブ類って買ってもなかなか使う機会がなくて持て余してしまうので、普段はクレイジーソルトを使っています。
簡単に本格的っぽい味付けになるので重宝しています。

参考レシピ

和風ローストビーフ

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ