WMF圧力鍋の使用感(1)外観

壊れたエコクッカー(2.5L)の代わりに、悩みに悩んで購入した3台目の圧力鍋はこちらです。
今回は外観を中心に紹介するので、写真が多め。

WMF圧力鍋3.0L

WMFパーフェクトウルトラ3.0L

箱潰れのアウトレット品だったので、なんと半額以下。
定価が41,000円、Amazonなどでは3万ちょっとのところ、なんと17,000円!

まんまる堂という楽天市場のお店です。
セラーメイトや野田琺瑯、パストリーゼなど、私が好んで使うキッチンアイテムが安いのでちょくちょく利用しています)

もともとWMFの圧力鍋はデザインや持った感触が好きだったので、ずっと「欲しいな~」と思っていたんですよね。
いい買い物ができました!

WMF圧力鍋3.0L

分厚い説明書とレシピブックもセットになっています。

WMF圧力鍋3.0L

蒸しかごつき。
※蒸かごと一緒に三脚もついていましたが、3.0L鍋には三脚は梱包されないとの情報もあります。

WMF圧力鍋3.0L

蓋と取っ手が取り外せるようになっています。

WMF圧力鍋3.0L

ふたの部分はすべてステンレスなので、洗いやすく丈夫で長持ち。

WMF圧力鍋3.0L

取っ手の部分が壊れたら、この部分だけ買い直せます。
圧力鍋が壊れるとしたら、この重り部分の可能性が高い気がする。(エコクッカーの致命的な故障はここ)
手入れしづらいし、圧力がかかって一番負担がかかりそうだし。

WMF圧力鍋3.0L

蓋の開け閉め、低圧高圧の切り替えは取っ手の先端で行います。
上の写真のように「2」に合わせると高圧。

WMF圧力鍋3.0L

「1」に合わせると低圧。

WMF圧力鍋3.0L

鍵マークに合わせて手前で引っ張ると蓋が開きます。

WMF圧力鍋3.0L

圧がかかっていないピンの状態。

WMF圧力鍋3.0L

低圧は赤いリングが1個だけ見える状態。

WMF圧力鍋3.0L

高圧は赤いリングが2つ見える状態。

WMF圧力鍋3.0L

なんとデジタルタイマー付き。
最初はタイマーの機能を勘違いしていて、
「キッチンタイマーを使えばいいのでは?」
と、思っていたけど......
今は考えが180度変わっています。

このタイマーは単に時間を測るのではなくて、圧力がかかってからの時間を計測してくれるんです。

今までは圧力鍋の様子を見ながら、
「よし、圧力かかったかな、ここから10分にセットして......と」
と、キッチンタイマーをセットしていたのですが、このタイマーは火にかける前にあらかじめセットし、圧力がかかり始めたら自動的にカウントダウンしてくれます。

もうね、便利、とっても便利。

この機能は気になる方も多いと思うので、実際に調理している様子を交えながら紹介しておきたいと思っています。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ