突発性難聴ってどんな病気? 一覧

2015年12月6日付の日経新聞(朝刊)14面に、突発性難聴の記事が大きく載っています。

日経新聞の記事は、原則として有料会員のみネット閲覧が可能です。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO94763480U5A201C1TZQ000/

ただ、月に有料記事10本までなら、無料の会員登録でも閲覧できるらしいので、全文が読みたい方は登録してみるのもアリかも。

また、図書館に行けば新聞のバックナンバーが置いてあるかもしれませんね。
気になる方は図書館にGO!です。

以下、簡単に記事の内容を要約しつつ、思ったことなどをつらつらと書き綴ってみます。


・突発性難聴は原因も治療法もわかっていない難病
・診断基準は「突然発症」「高度の感音難聴」「原因不明」
・両耳が聞こえなくなったり、ほかの病気を併発することは少ない
・比較的中高年に多く、男女の差、左右の耳の差は無し
・耳鳴り、めまい、吐き気を生じることもある
→ このあたりは今まででも分かっていたことかな。

・1944年に海外で初めて報告された病気
・日本の患者数は1972年に人口10万人当たりで3人、2001年には10万人当たり27.5人と増加の一途
→ うーん、患者数が増えたというより、誤診が減ったっていうだけでは......?
「加齢ですね」で片づけられちゃったお年寄りとか、たくさんいそうなんですが。


・聞こえなくなるのが「高音」と「低音」に分かれるのが一般的
・低音の場合、メニエール病の初期症状とみなす報告が増えている
→ 確かに、メニエール病と突発性難聴って症状もよく似ているし、誤診も多いと感じます。
当Blogにコメントを寄せてくださった方の中にも、「実はメニエールでした」という方がいらっしゃいました。
メニエール病の場合、聴力はいったん元に戻るものの再度低下することが多いらしいです。
めまいが激しい分、メニエールのほうが厄介なイメージですね。
不安を感じたらセカンドオピニオン、サードオピニオンも検討するべきかもしれません。


・診断には一般的な聴力検査の他に、「骨導」と呼ばれる特別な聴力検査を併用する
→ これは知らなかった。
「骨導」の検査とは、骨伝導スピーカーを耳の後ろにくっつけて、頭蓋骨を通じて音を聞く検査のようです。
普通の聴力検査と「骨導」の検査を両方行うことで、突発性難聴か否かの目安になるそうです。
私はこの検査はしたことないです、比較的最近のものなのかしら?


・突発性難聴の原因は「ウイルス説」と「血行の循環障害説」が有力だけど......
・肝心のウイルスはいまだに発見されず
・ほかの器官が元気なのに耳だけ血行障害があるというのも不自然
→ 結局、何もわかってないのね。
この2つの説以外に、リンパ液の漏れを疑う専門家もいるみたいだけど、決め手に欠けるみたい。
早く原因がわかればサクッと治療法も見つかりそうなのに。


・患者に投与されるのは主に「ステロイド」と「脳循環代謝改善剤」
・「ステロイド」はウイルス対策のために投与
・「脳循環代謝改善剤」は血行障害対策のために投与
・しかし、これらの薬が効くという医学的根拠はない
→ 医学的根拠......ないの?!
あくまでも、「経験的に」投与しているだけで、「医学的な根拠」はないそうです。
効けばラッキーだったねってことなの?
なかなかシビアな状況です。

その他の治療法としては
・「高圧酸素治療」や「神経節ブロック」などがある
・「高圧酸素治療」は内耳への酸素供給を増やすのが目的
・「神経節ブロック」は血管拡張が目的
・しかし、両方とも医学的な根拠はない
→ 医学的根拠、やっぱりないんだ。
やっぱり原因がわからないと何ともならないか。

・患者の1/3は何もしなくても治り、1/3は症状が固定、1/3は聞こえがよくなるが元には戻らない
→ 何もしなくても治ることってあるの......?
私が聞いていたのは「1/3が完治、1/3が後遺症を抱えながらも良くなる、1/3が症状固定」だったな。
治療しないと治らないと思うんだけど、どうなんだろう。


・発症から2週間が過ぎると治療の効果が下がる
・半年後に急に治ることもある
→ 発症から時間がたつと症状が固定化するというのは変わらないのね。
半年後に急に治る人もいるんだ......発症してからの経過は個人差が大きいのかな。


・聴神経に腫瘍があるケースも
→ どの治療でも効果が出ない場合、聴神経に腫瘍ができていたことがあるそうです。
この場合はMRIで腫瘍の有無を検査し、放射線治療を行うそうです。


そして、これが一番明るいニュース!
・最近、再生医療で治療する試みがあり、一定の成果を上げている
→ ステロイドが効かない患者向けに、弱った内耳の細胞を成長させる治療を行ったそうです。
これまでに患者60人で効果を確認し、来秋からは医師主導型の治験を始める予定だそうな。
突発性難聴の原因究明に大きく前進した、と思いたい。
(この再生医療に携わっているのは京都大学の中川隆之講師。
内耳再生研究をしていらっしゃる方のようです。)

どうだろう、私の目の黒いうちに原因究明できるのかな。
原因究明できたら多分、感極まって泣いてしまうわ。

実際の紙面には骨導検査の図解なども載っていて、なかなか読みごたえのある内容でした。
量は紙面の2/3くらいを占めていて、図も含めて縦に7段。

実際の紙面を手に取ってみたいという方は、今ならバックナンバーが購入できます。
新聞の取扱販売店(配達を請け負っているところ)では、1週間分のバックナンバーは保管してあることがほとんどです。
電話で在庫を確認した上で直接出向けば、1部だけ販売してくれます。
送料はかかるけど、郵送でも大丈夫みたいですね。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://support.nikkei.com/faq/show/2220?site_domain=nikkei4946

突発性難聴の患者さんのうち、
1/3の人が完治する
1/3の人が何らかの後遺症を抱えるものの、大体治る
1/3の人は治らない
と言われています。

もう少し細かく見ていくと、
アイコン02 発症してすぐ(遅くとも1週間以内)治療を開始した

アイコン02 年齢が若い

アイコン02 発症時の聴力障害レベルが低度(90dB以下)

アイコン02 めまいをあまり感じない

以上に当てはまる方は、比較的回復が期待できるそうです。

私の担当医は
「まず早期治療が1番で、その次に年齢的なもの」
とおっしゃってました。

いずれにせよ、個人差が大きい事なのであきらめずに治療に専念しましょう!

ちなみに私の場合は
「若干後遺症は残るものの、9割方完治」した状況です。

聴力は正常範囲まで回復しましたが、肉体的・精神的に疲れたときは耳鳴りと耳の閉塞感に悩まされています。
不快感はありますが、日常生活に支障はないレベルでしょうか。
ヘッドホンをつけて大音量で音楽を聴いたりはできませんが、普通に会話したりTVを見るぐらいなら大丈夫。

おそらくこれ以上良くなることはないと思うので、耳鳴りとめまいを上手く飼いならして生活していこうと思っています。

突発性難聴の全国推定患者数は以下の通りです。

アイコン02 2001年
  35,000人(人口100万人に対して275人)

アイコン02 1993年
  24,000人(人口100万人に対して192人)

アイコン02 1987年
  16,750人
(財団法人 難病医学研究財団/難病情報センター調べ)

患者数は年々増えてるんですね。

それにしても100万人中275人の1人になるなんて......
こんなのに当たるより、宝くじにでも当たりたいわ。

で、どんな人が突発性難聴にかかりやすいかはまだハッキリと分かっていません。
現在の統計で言えることは、

アイコン08 50~60歳代に多い

アイコン08 男女差はない

アイコン08 飲酒喫煙歴、食生活はあまり関係ない

アイコン08 発症前に疲労感を感じていることが多い

アイコン08 おたふくかぜ、はしか、水ぼうそう、じんま疹、胃腸炎、高血圧、糖尿病等にかかっていた人が多い

アイコン08 生活習慣病の側面がある

私がかかっていたお医者さんも、
「40代以上の患者さんが多いようですね」
とおっしゃってました。

あくまでも統計上のお話なので、必ずそうなるわけではないのですが、参考までに。

突発性難聴は、早期に治療を開始すること何よりも重要です。

「早期」というのは、およそ2週間以内とされていますが、私の通っていた病院のお医者さんはせめて1週間以内に治療を開始したいとおっしゃっていました。

発症してから1週間以内に治療を開始すれば、薬の効きも良く聴力回復の望みがありますが、発症したまま1ヶ月以上放置してしまうと難聴状態のまま症状が固定され、回復はかなり難しくなるそうです。

ただ、治療の開始は早ければ早い方が望ましいですが、治るか治らないかは個人差によるところも大きく、「1週間以内だから絶対大丈夫」とは必ずしも言えないのが辛いところです。

幸い、私は突発性難聴を発症した時は専業主婦だったので割とすぐ病院に行くことができました。
(発症した翌日に病院に行きました)

もし忙しかったOL時代に発症していたら、
「次の休みの日に行けばいいや」と放置していたかもしれません。

病院の先生も
「早く来てくれてよかった、本当によかった」
と、繰り返しおっしゃってました。

皆さんも、体調が悪いときは迷わず病院に行きましょう!

突発性難聴は原因が不明の病であり、国から難病指定を受けています。

現時点では、突発性難聴の原因として2つの有力説があります。

ウィルス感染説

突発性難聴はウィルスに感染して発症するという説
ウィルス感染説の根拠
  • 難聴の症状の前に風邪のような症状を訴える人が多い
  • 突発性難聴は1度かかると再発はほとんどない
     (ウィルス性のかぜと同じように、一度かかると抵抗ができて再発しない)
 

内耳循環障害説

突発性難聴は耳の血管がトラブル(血栓や出血など)を起こして発症するという説
内耳循環障害説の根拠
  • 血栓などが原因なら突然片方の耳だけに発症する説明がつく
  • 血管拡張剤、抗凝固剤などが実際の治療に有効であることが多い
 

元患者の私見

正直、どちらの説も納得がいく部分と納得がいかない部分があります。 個人的には2番目の内耳循環障害説を推したい気がする。

突発性難聴を発症すると、まるでTVのスイッチを切ったかのようにバタッと耳が聞こえなくなります。
それってじわじわと体調を崩す風邪とはちょっと違う気がするんです。
加えて、血流に作用する薬がバツグンに効いてしまったんですよね、私の場合。

そもそも、突発性難聴が再発しないっていうのはどんなデータに基づいた結果なのかな?
だってこの病気自体、昭和50年ごろに認知され始めた歴史の浅い病気でしょ?
これから再発する人が出てくるかもしれないし、再発しないと断定しちゃっていいのかな。
もう少し時間がたたないと、正確なことは何もわからないような気がする。

以上、元患者の素人考えでした。

今後、原因の究明を急ぐとともに確実な治療法が発見されることを願ってやみません。

このページの上部へ

プロフィール

wakaba
29歳の春に突発性難聴と診断されました。
一時期は左耳がほとんど聞こえない状態でしたが、なんとか日常生活に支障のないレベルまで回復できました。
当時の治療の様子や、現在の症状などを中心に記録していきます。
発症してから十数年経ち、今は40代です。

コメントありがとう

サイト内検索