突発性難聴の原因?

突発性難聴は原因が不明の病であり、国から難病指定を受けています。

現時点では、突発性難聴の原因として2つの有力説があります。

ウィルス感染説

突発性難聴はウィルスに感染して発症するという説
ウィルス感染説の根拠
  • 難聴の症状の前に風邪のような症状を訴える人が多い
  • 突発性難聴は1度かかると再発はほとんどない
     (ウィルス性のかぜと同じように、一度かかると抵抗ができて再発しない)
 

内耳循環障害説

突発性難聴は耳の血管がトラブル(血栓や出血など)を起こして発症するという説
内耳循環障害説の根拠
  • 血栓などが原因なら突然片方の耳だけに発症する説明がつく
  • 血管拡張剤、抗凝固剤などが実際の治療に有効であることが多い
 

元患者の私見

正直、どちらの説も納得がいく部分と納得がいかない部分があります。 個人的には2番目の内耳循環障害説を推したい気がする。

突発性難聴を発症すると、まるでTVのスイッチを切ったかのようにバタッと耳が聞こえなくなります。
それってじわじわと体調を崩す風邪とはちょっと違う気がするんです。
加えて、血流に作用する薬がバツグンに効いてしまったんですよね、私の場合。

そもそも、突発性難聴が再発しないっていうのはどんなデータに基づいた結果なのかな?
だってこの病気自体、昭和50年ごろに認知され始めた歴史の浅い病気でしょ?
これから再発する人が出てくるかもしれないし、再発しないと断定しちゃっていいのかな。
もう少し時間がたたないと、正確なことは何もわからないような気がする。

以上、元患者の素人考えでした。

今後、原因の究明を急ぐとともに確実な治療法が発見されることを願ってやみません。

Comments [6]

No.2

初めまして。
約一年前に突発性難聴になり、未だに難聴、耳なりはほとんど治ってない46歳の男です。
急に聞こえなくなった時はびっくりして耳鼻科へ行くと即入院してくださいとの事で二週間入院しましたが、最初の聴力が悪すぎて治らないまま退院。
仕事もずっと休むわけにいかず無理を承知でいきました。仕事柄鉄工なので機械音やら、ありとあらゆる音が響いて頭がおかしくなるんじゃないかと思うくらいで辞める事も考えました。
片方の耳が一生聞こえない
音が響いて大好きだった音楽、ライブ、カラオケ、映画などもう出来ないと思ってた。
おまけに、睡眠安定剤がないと寝れない。
あふれてくる涙で泣いたこともありました。
半分、鬱にもなりかけて何日か笑顔になる気もなく何もする気がおこりませんでした。
しかし、あるきっかけで耳鼻科ではなく診療内科を紹介してもらい薬を飲み続けてるうちにようやく寝れるようになり気持ちもラクになり、病気になる前にドリカムのライブチケットを買っていたので、耳が変になろうが、行って元気を取り戻そうと決心し参戦しました。
大当たりでした。片耳でも聞こえ響きも大丈夫でした。
それから、耳なりがしようが方耳が聞こえなくても大丈夫だって思うようになり仕事場の音も慣れほとんど支障ありません。
絶対慣れないと思ってたのに、当たり前になり気にはなりますがもう平気で頑張ってやってます。

もう、悪い事は考えず前向きに人生の折り返し地点になりましたが頑張ってやって行こうとおもいます。

今、難聴で悩んでる人、絶対慣れるし、これからいい事あるからね。

このブログ書いてくださった方にも感謝してなんども読み勇気付けられました。
ありがとうございます。

No.4

はじめまして。突発性難聴をちょこちょこ繰り返している者です(;一_一)
私の場合、初めての突発性難聴は16年前の交通事故の後でした。それから4回、5回なっています。
その都度あ~ストレス感じてたんだ~と後から気付く事ばかりで、自分のストレスに鈍感な自分に毎回反省しております。
今回は7月から良くなったり、悪くなったりと、今までとは違いなかなか良くなりません。針治療とかの広告も見るのですが、かなりの高額ですね。

主婦にはほんときついです。

wakabaさんのHP見て、気長にがんばろ~という気になりました。

No.6

私、さっき突然耳が聞こえなくなったんです。
もしかして、この突発性難聴という原因不明の病気なのでしょうか?
明日、病院に行く予定なのですが…
どうなんでしょう?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

コメントありがとう

プロフィール

wakaba
29歳の春に突発性難聴と診断されました。
一時期は左耳がほとんど聞こえない状態でしたが、なんとか日常生活に支障のないレベルまで回復できました。
当時の治療の様子や、現在の症状などを中心に記録していきます。
発症してから十数年経ち、今は40代です。

サイト内検索