シャトルシェフと圧力鍋

現時点で、シャトルシェフを使い始めて2か月が経過しました。
まだ完全に使いこなせていないのかもしれませんが、圧力鍋以上に向き・不向きの幅が大きい調理器具だと感じています。

シャトルシェフ

今の段階では、

シャトルシェフがおススメ

おでん、黒豆、ポトフ、シチュー、カレー、豚汁などの汁系

煮つめる必要のないスープ系はシャトルシェフが楽で美味しい。

おでんは最高です!

プリンは、「圧力鍋の方がなめらかな気がする......かも?」な仕上がり。
大差はないように思えたので、取り扱いの容易さを考えると、シャトルシェフに軍配が上がるかな。

圧力鍋がおススメ

豚の角煮、牛スジの煮込み、筑前煮などの煮物系

下ごしらえが必要な煮込み料理は圧力鍋の方が早く仕上がります。

シャトルシェフでは、肉類の臭みが気になりました。(使い方が下手なだけ?)

煮物の場合、最後に水気を飛ばすために火にかけるので二度手間になりました。

どちらもやめておいた方が無難

芋類の煮物

芋類は圧力鍋では溶け、シャトルシェフでは崩れます。

シャトルシェフは、保温直後はなぜか崩れていないんですよね。

でもその後、コンロで再加熱したら盛大に崩れました。

私は、肉じゃがなどの芋メインの煮物を作るときはフライパンを使っています。

煮汁も均一に回るので楽。

なお、調理器具として使いやすいのは圧倒的にシャトルシェフです。
火から下ろして余熱で調理というのは、安心感が半端ないです。

圧力鍋は使い方を間違えると怖いので、やっぱり気を使います

それに圧力鍋より軽いので撮り回しが楽ですし、基本的に普通の鍋なので手入れも楽。
圧力鍋は重りや蓋のパーツなど、部品を洗うのが意外と面倒。

ただ、シャトルシェフは調理に時間がかかるのが大きなマイナスポイント。

そもそも「余熱で調理しましょう(火にかけているつもりで)」という調理器具なので、時間短縮を期待する方が間違っていますね。
仕事から帰ってきて、ガーっと短時間でサクサク料理する......のには向いていません。

時間がきちんと取れれば、最初だけ火にかけて余熱で調理できるのは強みなんですけどね、外出しても大丈夫だし。

「シャトルシェフを買ったら、圧力鍋の出番が減るかな?」

「圧力鍋があるから、シャトルシェフは必要ないかな?」

と、思っていましたが、実際使ってみて思ったのは、圧力鍋とシャトルシェフは似て非なる調理器具だということ。

圧力鍋で作っていた料理を、全部シャトルシェフで代用するのは無理でした。

でも、おでんや煮豆は圧力鍋より断然美味しく作れますし、買ってよかったと思っています。

最近はパン生地の発酵や甘酒作りに使えないか模索中です......





Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ