シャトルシェフレビュー(外観)

シャトルシェフ

私が購入したシャトルシェフは、2.8Lサイズで、鍋底の直径は20cmです。
全体の大きさは「30×24×17.5cm」(幅×奥行×高さ)で、重さは2.3kg。

まずは、大きさが分かるような写真をどんどん貼ってみます。

シャトルシェフ

よくある行平鍋と一緒に撮影

シャトルシェフ

愛用のWMF圧力鍋と一緒に撮影

シャトルシェフ


コンロに乗せたところ。

普通のステンレス製両手鍋ですね。

重すぎず、軽すぎず、ただの鍋として使ってももちろんOK

今度は、シャトルシェフの構造が分かるような画像をどうぞ。

シャトルシェフ

「調理鍋」「保温鍋」「蓋」の3パーツに分かれています。

シャトルシェフ

蓋は安っぽいかも、とても軽いです。

シャトルシェフ

調理鍋を保温鍋にひっかけるような形で保温します。
保温鍋に取っ手はついていないので、下から抱えるようにして持ち運びます。
(取っ手がついているシャトルシェフもあります。)

全体の重さは2.3キロしかないので、見た目より軽く感じました。
圧力鍋と比べると取り扱いは簡単です。
(圧力鍋重いからね......)

大きさは小型の炊飯器程度かな。
私はホームベーカリーと並べてキッチンカウンターに並べていますが、食器棚にも収まるサイズです。





Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ