ゆで鶏(蒸し鶏?)

ゆで鶏蒸し鶏

「蒸かごを洗うのが面倒」という情けない理由で、最小限の水分でゆでて蒸し鶏っぽく仕立ててみました。

塩を多めに使っているので、そのままで食べてもOK。

材料 (2人分)

鶏もも肉 2枚
塩 小2(もも肉1枚に対して小1)
 A(酒 50ml
   水 50ml※
   しょうがの薄切り 数枚)
   ※水は適宜調整

好みで
「大根おろし+ポン酢」「すりごま+マヨネーズ+しょうゆ(少々)」などを添えても美味しいです。  
作り方
  1. 鶏肉の厚い部分に包丁を入れ、厚みを均一にする。
    筋を縦に切る。
    (火の通りを均一にするため&縮み防止)
  2. 肉の両面に塩をすりこむ。(肉1枚に対して小さじ1)
    そのまま冷蔵庫に30分置き、出てきた水気をペーパーでしっかりふき取る。
  3. 圧力鍋に肉とAを入れる。
    (水分は「ひたひたより少ないかな」、程度になるよう水で調整する。
    写真の水分は水50ml、酒50mlです。)
  4. 圧力鍋のふたをして火にかけ5分加圧して火を止め、圧が下がったらふたを開ける。
    肉がまんべんなく水分に触れるよう、上下をひっくり返す。
  5. 煮汁に漬けた状態で冷まし、食べる直前に切り分ける。
    (粗熱が取れるまでは室内で、そのあとは冷蔵庫で保存。)
  6. 煮汁は適当に薄めて(そのままだと塩辛いです)中華スープに流用できます。
  7. 加圧前
    蒸し鶏ゆで鶏
    加圧終了!
    縮んだ鶏
    切り方が浅かったのか、バッチリ縮みました。
    スープに漬けたまま保存
    鶏の保存
    スープに漬けて冷蔵庫に入れておけば、数日は保存可能。
ポイント

肉の厚みを均一にするのが一番のポイント。
もも肉の両端にはこんもりとした厚い部分があるので、縦に包丁を入れて観音開き風にし、厚さを均一にします。

塩を振った後に出てくる水気は、臭みを含んでいるので丁寧にふきとります。
水洗いしたり、熱湯をかけて洗い流してもOK。

細く切ってキュウリと混ぜてバンバンジー風に、すりゴマとマヨネーズであえてコッテリと、おろしポン酢でサッパリと......
など、色々応用がききます。

コメント

蒸かごの穴にこびりつく脂を洗うのが面倒で、適当~に作ったレシピ。
どちらかというとゆで鶏......かな?
蒸すよりもプルっとした食感になります。

煮汁はちょうどいい塩加減になるまで薄めると、中華スープとして利用できます。

もも肉なのでパサつかず、しっとりした仕上がりになります。
ムネ肉の方が健康的かなあ、とは思うのだけど、やっぱりもも肉の方が好きです!

参考レシピ

蒸し鶏

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ