WMF圧力鍋の使用感(4)圧力の大きさ

ティファール(4.5L)圧力鍋(1台目の鍋)

・2006年購入
・アマゾンで10,800円
55Kpa(古いから圧力低め)

エコクッカー(2.5L)圧力鍋(2台目の鍋)

・2009年購入
・近所のスーパーで2,980円
80Kpa
・2014年に故障したため引退しました

WMFパーフェクトウルトラ(3.0L)圧力鍋(3台目の鍋)

・2013年購入
まんまる堂で17,000円
(箱潰れアウトレット品だったので破格の値段です、本来なら3万円を切ったら即買いしていいレベル)
低圧0.11Mpa~高圧0.15MPa(2段切り替え式)
 (圧力の大きさは、鍋の蓋に書いてある数字をそのまま記載)
1Mpa=1000Kpaなので、110Kpa~150Kpa

3つの鍋を比べた感想

2台目の圧力鍋としてエコクッカーを買った時、正直あまり違いを感じられなかったんです。
エコクッカーの方が、若干高圧(+25Kpa)だったので、仕上がりに差が出るのかな?と、期待していたのですが。

やはり中国製ということで作りも甘かったのでしょう、「ティファールより高圧」のメリットはなく、単に一回り小さい圧力鍋として便利に使っていました。

そして3台目のWMFはさらに上を行く「低圧110Kpa~高圧150Kpa」
お値段的にもエコクッカーの10倍はするので、多少の違いがないと悲しいな......と思いつつ使ったのですが......

もうね、全くの別物!
同じ「圧力鍋」というカテゴリーに置いておいていいのかと思うくらい別物!

まず手始めに、「牛スジと大根の煮物を作りました。

WMF圧力鍋と牛スジ

高圧(150Kpa)に設定して、加圧時間を短縮(15分のところを10分)、圧が抜けたらすぐにふたを開けるようにしたのですが、牛スジはすっかりトロトロになっていました。
一緒に煮た大根が柔らかくなりすぎて、ゴムべらでさっと全体を混ぜただけでも砕け散るありさま。

骨付き肉を煮ると、骨からスルッと身が離れる仕上がりになります。
鶏の手羽先を煮たら、これも美味しかった!

野菜などは煮崩れに注意する必要がありますが、それさえ気をつければ格段に仕上がりに差がつきます。

久々に調理器具で感動しました、一生大事にするよ!





Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ