WMF圧力鍋の使用感(3)タイマー機能

購入当初は、単なるキッチンタイマーだと勘違いしており、「なんか無駄な機能がついてる」と思っていました。

ところが、このタイマーは単に時間を計るのではなく、圧力がかかったのを感知し、その時点から時間をカウントダウンする非常に便利な機能でした。(知らなかったよ)

今までは圧力鍋の様子を窺いつつ、蒸気の出方やピンの動きなどで圧力がかかったことを自分で判断し、そこからキッチンタイマーを使って時間を計っていたので、その差は歴然としています。

なお、タイマーはボタン電池で動いているので、水に弱いです。
取っ手を洗う時は必ずタイマーを外してから洗うようにします。

実際にタイマーを使っている様子はこちら。

WMF圧力鍋3.0Lタイマー

火にかける前に時間をセットします。
(ここでは10分にセットしています。)

WMF圧力鍋3.0L

圧力がかかり始めると、ランプが赤に点灯します。

しばらくして所定の圧力(低圧または高圧)に達すると、アラーム音が鳴ります。
音は「ピーッ ピーッ ピーッ」×1回
ランプの点灯は赤。
音はそれほど大きくはなく、そばにいないと聞き逃すかも。

このタイミングで、ピンが下がらないギリギリの範囲で火をできる限り弱くします。

WMF圧力鍋3.0Lタイマー

加圧が終わるとアラームが鳴ります。
音は「ピーッ ピーッ ピーッ ピーッ ピーッ」×4回(?5回かも)
結構長い間鳴るので、最初は焦りました。

このタイミングで火を止め、圧が抜けるのを待ちます。
(強制的に圧を抜く方法もあります)

WMF圧力鍋3.0Lタイマー

圧力が抜けきると緑色の点灯に変わります。
この状態ならふたを開けても大丈夫。
(アラームは鳴りません)

WMF圧力鍋タイマー機能についてコメント

便利です、とても!
タイマー付きの圧力鍋なんて初めてだけど、こんなに便利だとは。

タイマーがない圧力鍋を使っているときは、自分で時間を計るのが当たり前だと思っていたので、特に不便さを感じていませんでした。
ただ、以前は圧力がかかるタイミングを見逃すまいと、意識は鍋に集中しっぱなしになっていたと思います。
(鍋の横で作業をしていても、常に鍋を意識しているというか何というか......上手く言えないけど)

それが、鍋自身が圧がかかったことを知らせてくれて、時間も教えてくれるので負担が減ったというか、安心感が増したというか。

もちろん道具である以上、100%故障しないとも言えないので、タイマーに頼り切ることはしていません。
必ず目視でも圧力がかかったことを確認し、他にも異常がないかどうかチェックしつつ補助的に使っています。
それでも、楽なんですよ、ホントに。
最初使った時に感動しましたもの。

この機能は、圧力鍋初心者の方にはもちろんですが、圧力鍋に慣れた方にこそおススメしたい機能です。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ