豚すね肉のカレー

豚すね肉のカレー

今まで作ったカレーの中で一番美味しかった

牛を使うより短時間で柔らかくなることと、煮汁に豚肉の旨みが出て市販の安いルーを使ってもお店のような味になります。

何と言っても豚すね肉はお手頃価格
うちの近所では国産豚すねが55円/100g......なんだか申し訳ないお値段です

材料(8皿分)

豚すね肉 400g
玉ねぎ 中サイズ2と1/2個(500g)
じゃがいも 2個
ニンジン 中サイズ2本(150g)
水 900ml
ブロッコリー 1株
塩・コショウ 適量
ドライガーリック 少々
カレールー 160g(8人分)
サラダ油 大1

作り方
  1. 豚すね肉は4cm大きさに切り、塩・コショウ・ドライガーリックを振って10分置く。
    玉ねぎは皮をむいて縦に十字に切る。(1/4に切る)
    ニンジン、じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに切る。
    ブロッコリーは洗って小房に分け、塩を加えた熱湯で下ゆでする。
  2. 大きめのフライパン(または鍋)に油を熱し、肉の両面を強火でこんがりと焼く。
    玉ねぎ、にんじんを加えてざっと炒めたら水を加えて煮立て、アクを取り除く。
  3. 2.の中身を圧力鍋に移し、ふたをして火にかける。
    20分加圧したら火を止め、圧が抜けたらふたを開ける。
    (そのまま室温になるまで放置してもOK、味がなじみます)
  4. 3.にジャガイモを加え、加圧せずに普通に弱火で煮る。
    じゃがいもが柔らかくなったら火を止めてカレールーを入れて溶かし、弱火でとろみがつくまで煮る。
    器に盛るときにブロッコリーを添える。
  5. 豚すね肉のカレー
    加圧前の下ごしらえには中華鍋を使っています。
    鉄製に憧れるけど、手入れが大変そうなので安物のテフロン鍋
    加圧前
    豚すね肉のカレー加圧前
    加圧終了!
    豚すね肉のカレー加圧後
    豚すね肉のカレージャガイモ投入
    ジャガイモを加えたところ
    ジャガイモ加熱後
    ジャガイモの大きさや種類にもよるけど、10分煮込んで放置したらそれなりに火が通るはず。
    カレールーを溶かしたところ
    ルーは火を止めてから溶かします。(できれば80℃くらいまで冷ました方がいいです)
    高温のまま入れるとダマダマになって均一に溶けにくいです。
ポイント

20分加圧した直後にふたを開けると、肉は箸でちぎれるくらい柔らかくなります。

加圧後ふたをすぐに開けない場合、ヘタすると肉がバラバラになります。
私も今回、肉を小さく切りすぎました。
いくつか原形をとどめていないお肉があります
一口大サイズではなく、その倍くらいの大きさでもいい感じです。

長時間煮込むとカレー自体の味は良くなりますが、肉の旨み(脂?)が抜けるのかパサついた食感になります。
肉の旨みを取るか、カレーのスープを取るか難しいところですが、今のところ20分加圧→自然に圧力が抜けるのを待つ→ふたを開けてジャガイモを加えて再加熱(10分くらい)→カレールーを投入。
の手順が一番バランスが取れているような気がします。

一番いいのは、出汁用の肉と食べるための肉を分けることなのかな。
出汁を取るだけのために肉を使うのはもったいないので(貧乏性ですみません)、やろうとは思わないけど。

注意

ジャガイモは多少面倒でも後から入れた方がいいです。
肉と一緒に加圧したら溶けて無くなります。
ジャガイモが溶けると、スープがザラっとした舌触りになるので、非常にお勧めできません。

玉ねぎも小さく切ると跡形もなくなるので、4つ割程度の大きさにしましょう。

小さい玉ねぎなら半分に切るだけでも大丈夫。
玉ねぎが溶けるとスープに旨みが出るから、溶けたら溶けたで美味しいですけどね。

コメント

今までで一番美味しくできたカレーです!
豚すね肉は物によって脂身と赤身のバランスが結構違います。
お店に並んでいる肉を観察してみると違いが分かるはず。
脂身が多いとスープがコッテリします。好みで色々試してみてください。

肉から出る脂が美味しいんだよね、きっと。
かと言って、脂だらけのお肉を使うと胸焼けするんだよね、難しいです。

ちなみに、今回は2.5L鍋の限界に挑んでみました。
よかったらこちらもどうぞ

参考レシピ

限界いっぱいまでカレー

2.5L圧力鍋で容量ギリギリまでカレーを作ってみました

同じく、豚すね肉を使ったレシピ

豚すね肉のポトフ風

美味しかったので、調子にのって写真をもう1枚

豚すね肉のカレー

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ