おでんのはんぺん

前回作ったおでんがあまりにも美味しかったので、日を空けずにまた作りました。

おでん(牛すじ肉)

牛すじ肉が手に入らなかったので、牛すじの代わりに鶏手羽肉を使用。

鶏手羽肉は、手羽先でも手羽元でも大丈夫。
手羽先の方が脂が乗っていてトロトロ感が楽しめると思うのだけど、今回はダイエットのことを考えて手羽元を使いました。

骨付き肉と圧力鍋の相性がいいのは分かっていたけど、やっぱりいいですね。
軟骨まで柔らかくなり、骨から身がはがれ落ちるような出来上がりになります。
出汁もとれて、一石二鳥。

ついでにサンマのすり身を買ってきて、長ネギ・片栗粉・しょうゆ・卵黄を入れてつみれを作り、一緒に煮てみました。
(最初に熱湯でゆでてから圧力鍋に入れて加圧)
これも普通にゆでて仕上げるより、モチモチ感がUPしていい感じ。

宮城県はサンマの漁獲量が多く、この時期サンマは破格の値段で売られています。
すり身も、混ぜ物一切なしの新鮮なサンマ100%すり身がいつでも手に入ります。
思ったとおり美味しい出来でした。

で、前回どうしても気になっていたこと

「はんぺんを圧力鍋で加圧したらどうなるか」

を確かめることにしました。

どう考えても失敗するだろうな、とは思っていました。

結果はこの通り

おでんのはんぺん

  • 厚さが1/4になりました......形も崩れ気味
  • 味が染みてて美味しいことは美味しいです
  • フワフワした食感はなくなってました
  • どっちかというとモチモチした食感?
  • もはやはんぺんとは言えないような......?

口に入れるまでは、はんぺんだと認識できません
本当にぺっちゃんこ。
まるで手で握りつぶしたみたい。

味は染みてます......とっても染みてます。
でも、はんぺんにはやっぱりフワフワしてて欲しいですよね。
はんぺんを入れる場合は、加圧後に加えて普通に煮る方がいいでしょう。
20分も煮れば、味は十分染みるはず。

はんぺんのように、空気を多く含むような食材は圧力に負けてペチャっとなるのでしょうか。

前回使った球形のガンモ(実が詰まったガンモではなく、口当たりのフワフワしたタイプ)も完全に円盤型に潰れてたしなぁ。
そう言えばチクワも潰れ気味だったな
こういう食材は圧力鍋との相性があまりよくないみたいですね。

その反面、骨付き肉、スジ肉、大根、さつま揚げなどは短時間で味が染みて、しかも柔らかく仕上がるので圧力鍋調理はお勧めですね
つみれもなぜか圧力鍋のほうが美味しかった。

はんぺんも、今回は「失敗」ということにしていますが、決して不味くはないんです、むしろ美味しいです。
あくまでも、「はんぺんっぽくなくなった」ってことで。
興味がある方はぜひお試しあれ。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ