きなこ団子

きなこ団子

圧力鍋でお団子を作ってみました。

短時間で蒸しあがるので時間短縮と光熱費の節約になりますね。

材料(1人分)

上新粉 60g
熱湯 55ml
(これで大体1食分の量です)
水 400ml
A(きなこ 大3
  砂糖 大1)

作り方
  1. 熱湯と上新粉をボウルに入れ、耳たぶの硬さになるまでよくこね、大きさをそろえて丸める。
    (熱湯と上新粉の割合は、上新粉の袋に書いてある分量を目安にします)
  2. 圧力鍋に水を入れ、蒸しかごをセットする。
    蒸しかごの上に皿を置き、濡らして固く絞った布巾を敷く。
  3. 団子を布巾の上に並べ、団子の上を覆うように、ふきんの両端をかぶせる。
  4. 圧力鍋のふたをして火にかけ、10分加圧し、圧が抜けたらすぐにふたを開ける。
  5. 団子を氷水にとって冷まし、Aをまぶして器に盛る。
  6. 加圧前(並べたところ)
    きなこ団子
    加圧前(布巾でおおいます)
    きなこ団子
    加圧終了!
    きなこ団子
ポイント

鍋によって加圧時間が異なってくるので、慣れないうちは短時間で様子を見て、加圧時間を調整しましょう。

下に皿を置いたのは、圧力鍋に入れた水が団子にかかるのを防ぐためです。
(余分な水がかかるとドロドロになるかな?と思ったので)
なくても大丈夫かも。

クッキングシートを敷いて、その上に団子を並べてもいいかもしれません。

注意

表面が団子っぽくなっても中が粉っぽい場合があるので、必ず味見をしましょう。

団子の大きさがバラバラだと火の通りが不均一になるので、大きさはそろえましょう。

コメント

蒸すより短時間でできるのは嬉しいんだけど、ちょっと固めの仕上がりになりました。

もう少し「フワフワ・モチモチ」な感じを期待したんだけどな、ちょっと残念。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮
  • 鶏の保存
  • WMF圧力鍋と牛スジ
  • 2014062706.jpg
  • 20140626wmf12.jpg
  • 20140626wmf01.jpg
  • エコクッカー
  • 干し大根の煮物

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ