ぶり大根

ぶり大根

大根から水分が出てくるので水加減が難しいです。

材料(4人分)

ぶりのアラ 600g
大根 1/2本
しょうが 1かけ
米のとぎ汁 適量
A(水 400ml
  酒 大4
  みりん 大3
  しょうゆ 大4
  砂糖 大3)

作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、ぶりをさっとくぐらせて冷水に取る。
    表面についた血合いなどを水でよく洗う。
    大根は皮をむいて一口大サイズの乱切り(または2cm厚さの半月切り)に、しょうがは皮をむいて薄切り(または細切り)にする。
  2. 圧力鍋にぶり、大根、しょうが、Aを入れて10分加圧して火を止め、粗熱が取れるまで放置する。
    ふたを開けて、さらに弱火で10分煮る。
  3. 加圧前
    ぶり大根
    加圧終了!
    ぶり大根
ポイント

加圧中に大根から水分が出るので、最初に入れる水は少なめでもOK
(上記のレシピどおりだと、ちょっと水が多い感じ)

注意

大根の下ゆでや、ぶりの臭み抜きなど、ちょっとした下ごしらえで仕上がりが変わってくるので、手間は惜しまない方がいいです。
......とは言っても、やっぱり面倒だよねぇ

コメント

上記レシピでは大根から水が出るのか、仕上がりが水っぽくなりました。
水がなくなるまで煮詰めても良かったのですが、大根が溶けそうだったので断念。
水はもう少し減らした方がよさそう。

......と、頭では分かっているものの、空だきが怖くて水分を減らせないヘタレな私です・・・

Track Back [1]

Track Back URL

日記/20081113

オーナーの最近はまっていること。 メタボ対策のジョギングと料理。 門戸厄神近辺で...深夜早朝に歩いている姿を見かけるかも知れません 料理は圧力鍋を使って... 続きを読む

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 20220405_shibuta01.jpg
  • 20220402_musui01.jpg
  • 20220331_tori01.jpg
  • 20220401_kakuni02_01.jpg
  • 20220331_kakuni011.jpg
  • hanamame01.jpg
  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ
  • 干し芋
  • WMF豚の角煮

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ