片手鍋 vs 両手鍋

圧力鍋には2方向に取っ手のついた「両手鍋」と、片方だけに取っ手のついた「片手鍋」があります。

こればかりは好みの問題なので、実際に手にとって好きなほうを選ぶのが一番いいかと。

簡単に両手鍋と片手鍋の特徴を挙げると、

両手鍋の特徴

  • 収納スペースが少なくて済む
  • 洗うのが大変
  • 持ち運ぶ時に安定感あり

片手鍋の特徴

  • 片付ける時に取っ手が邪魔
  • 洗うのが楽
  • 取り回しが楽

こんな所でしょうか。

私が使っている圧力鍋は、4.5Lサイズが両手鍋、2.5Lサイズが片手鍋です。

2.5Lの小さい鍋だと、片手で楽に持てますし、料理を移すのも洗うのも非常に楽です。
大きい両手鍋だと、どうしても両手がふさがるから、洗う時はちょっと大変。

全体的な取り回しが楽な点では片手鍋をおススメしたいのですが、これはあくまでも「小型の」圧力鍋の話です。

片手では持てないような大きいサイズの圧力鍋の場合、無理に片手で持とうとするとバランス的に危ないかもしれません。

6L以上の圧力鍋を片手で軽々と扱える人はあまりいないんじゃないかな......
鋳物琺瑯で慣れている人は大丈夫かもしれないけど、普通の鍋しか使ったことのない方は注意が必要です。
大型の圧力鍋の場合は、両手鍋の方が安全に使えると思いますよ。

圧力鍋は、鍋だけでもかなりの重さですから、実際に手に取って、自分の腕力を相談して決めるのが一番。
鍋だけではそれほど重さを感じなくても、実際はその中に食材が入りますから、大型の圧力鍋ほど使用時の重さはUPすることを忘れずに。

重くて使うのがおっくうになるともったいないですからね、よく考えて自分に合った圧力鍋を選びましょう。

個人的な感想は、自分の体力と収納スペースと相談しつつ

  • 2.5~3Lクラスの小さい圧力鍋 片手鍋がおススメ
  • 3L~4.5Lクラスの中くらいの圧力鍋 好みで選んでOK
  • 4.5L以上の大きい圧力鍋 両手鍋がおススメ

こんな感じじゃないかな、と思います。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 20220502_spareribs_01.jpg
  • 20220518torikinoko01.jpg
  • 20220415_nikuj01.jpg
  • 20220405_shibuta01.jpg
  • 20220402_musui01.jpg
  • 20220331_tori01.jpg
  • 20220401_kakuni02_01.jpg
  • 20220331_kakuni011.jpg
  • hanamame01.jpg
  • シャトルシェフ
  • シャトルシェフでプリン
  • シャトルシェフで豚バラ大根煮
  • シャトルシェフで黒豆
  • 潰れたはんぺん
  • シャトルシェフ

About

思い切って圧力鍋を購入しました。

最初は怖かったけど、意外と安全&簡単。
時間がない時でも、短時間で美味しく作れるので重宝しています。

実際に作った圧力鍋レシピを、水加減や加圧時間、ふたを開けるタイミングなどを中心にまとめています。

my圧力鍋

4.5L両手鍋(ティファール)、3.0L片手鍋(WMF)を使い分けています。

ティファールは1台目、エコクッカーが2台目(故障により引退)、WMFが3台目の圧力鍋です。
一番使っているのはWMFで、ティファールは豆専門鍋になりつつあります……

※両方とも廃番になっているので、現行の同クラス鍋を記載しています。

引退した圧力鍋

2.5L片手鍋(エコクッカー

2番目に買った小型圧力鍋です。

小さくて取り回しが楽&値段が手ごろなのでとりあえず圧力鍋を使ってみようかな?という方にはいいかも。
ただ、中国製で作りが甘いのがネック。
5年使用しましたが故障したため、WMFに買い換えました。

かつては「エコクッカー」というブランドでしたが、今はクイックエコという名前に変わったようです。


レシピブログ